SMBCモビットで10万円借りた場合の利息と返済額

SMBCモビットで10万円借りた場合の利息と返済額

「SMBCモビットで10万円くらいお金を借りたいんだけど、返済総額っていくらぐらいになる?」と、返済について不安になり、なかなか借入まで踏み出せないと悩んでいませんか?

SMBCモビットは、SMBCグループの消費者金融であり、大手の安心して借入できるカードローンです。

使い方を間違わなければ、利息を最小限に抑えてお得に利用することができますよ。
ここでは、SMBCモビットの特徴や、利息の計算について、申込から返済をするまで便利にオトクに使う方法を紹介します。

SMBCモビットへ申込をする前に知っておきたい特徴

 

SMBCモビットへ申込をする前に知っておきたい特徴

どんなカードローンなのか知らずに、なんとなく利用してしまったら、オトクに便利に使いこなすことができません。
まずは、SMBCモビットの特徴を把握しておきましょう。

10万円借りる場合の金利は年18.0%

SMBCモビットの実質年率は、年3.0%~18.0%の間で変動します。
借入限度額によって、この範囲内で金利が適応されることになります。
10万円程度の少額を借りるだけであれば、上限の年18.0%が適用されます。

この金利は、特別高くも低くもありません。
多くの消費者金融で、限度額が少額の場合は年18.0%の金利が適用されています。

SMBCモビットは即日融資で借入ができる

お金を借りる際に、スピードはとても重要ですよね。
申込をしてから借入をするまでに何日もかかっていては、お金が必要な時までに間に合わないということにもなりかねません。

モビットは即日融資に対応しており、審査は最短で30分で終わります。
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)
申し込みから借入まで全てインターネット上で行えるWEB完結で申込をすれば、一切外出をせずに当日中に借入が出来てしまいます。

WEB完結で契約すれば、電話連絡や郵送物が一切なし

SMBCモビットの一番の特徴は、WEB完結契約が優れている点です。
カードローンを利用するほとんどの人が、家族や職場の人にバレずにこっそり利用したいと思っていますよね。

しかしほとんどのカードローンで、少なくとも1回は電話連絡や郵送物が送られてきてしまいます。
各社バレないように工夫はしていますが、可能であれば電話や郵送物はゼロにしたいですよね。

その点、SMBCモビットのWEB完結は一切の電話連絡、郵送物を回避することができるので、バレるリスクを最小限に抑えることができるんです。
あなたに対する本人確認の電話もないので、人と話すのが苦手という人にもぴったりですね。

三井住友銀行なら手数料無料で借入、返済できる

他社消費者金融の場合、借入時や返済時の手数料を無料にしたければ、自社のATMを利用しなければいけないというケースが多いです。
しかし、借入や返済の度に消費者金融のATMまで行くのは気が引けるという人も多いですよね。

SMBCモビットの場合、自社のATMが存在しません。
その代わり、全国の三井住友銀行のATMを使えば、借入も返済も手数料がかかりません。
三井住友銀行は日本中どこの都道府県に行っても店舗があるので、どこにいても安心ですね。

SMBCモビットの利息と支払総額の計画を立てよう

 

SMBCモビットの利息と支払総額の計画を立てよう

ここまでSMBCモビットの特徴をカンタンに説明しました。
次は利息の計算について詳しくみていきましょう。

年18.0%の利息は日割りで毎日加算される

つまり、18,000円を365(うるう年の場合366)で割れば、1日当たりの利息が算出できます。

18,000円÷365=49.3円

借入している元金が10万円の場合、1日当たりの利息は49.3円かかるということがわかりますね。

10万円以下なら月々の返済額は4,000円

月々の返済額は、最後に利用した時点での残高に応じて変動します。

最終借入後残高返済額
10万円以下4,000円
10万円超20万円以下8,000円

返済額は現時点での残高ではなく、最後に利用した時点での残高で決まるという所がポイントです。

例えば、11万円借りた場合、返済額は8,000円になります。
返済が進み、10万円を下回ったとしても、追加で借入をしなければ4,000円に下がることはありません。

10万円を境に少しでも残高が超えると、返済額が倍になってしまうので注意してくださいね。

返済金額を多くして、返済期間と支払総額を少なくしよう

「毎月4,000円だけ返済してれば良いなら、無理なく返せるな」と感じている人もいますよね。
でも、最低限の金額を返し続けているだけでは、支払総額は大きくなってしまいますよ。
4,000円はあくまで、最低限の返済額です。

可能であれば毎月1,000円でも多く返済した方が、断然オトクに返済ができるんですよ。
次の表は、10万円の借入をした際の月々の返済額に応じた支払月数と総額を一覧にしたものです。

月々返済額支払月数支払総額
4,000円32ヶ月126,260円
5,000円24ヶ月119,772円
8,000円14ヶ月111,565円
10,000円11ヶ月109,158円
20,000円6ヶ月104,750円
30,000円4ヶ月103,408円

最低限の4,000円だけを毎月返済し続けた場合、完済までに32ヶ月(2年8ヶ月)もかかってしまいます。
支払総額も、元金よりも26%も多く支払わなくてはいけません。

しかし、毎月1,000円でも多く返済したらどうでしょう。
8ヶ月も早く完済でき、総額も7,000円安く済みます。

月々の返済額が増えれば増えるほど、最終的な返済額は少なくて済みます。
無理のない範囲で、多く返せる月はできるだけ多く返済するようにしましょう。

返済日は給料日直後に設定しよう

給料日直前に返済日を設定してしまうと、どうしても最低限の返済しかできないということになってしまいがちです。
このようなことを防ぐためには、給料日直後に返済日を設定するのが有効です。

SMBCモビットは、返済日を5日・15日・25日・末日のいずれかを設定することができます。

もし給料日が27日なら、末日に設定しておくことをオススメします。
給料がたくさん残っているうちに、さっさと返済を済ませてしまいましょう。

便利にオトクにSMBCモビットを使うための申込~借入~返済の流れ

 

便利にオトクにSMBCモビットを使うための申込~借入~返済の流れ

ここからは、実際にSMBCモビットへ申込をして、返済をするまでの一連の流れについて説明していきます。
申込の流れは、「WEB完結」「カード申込」かで異なります。

振込で借入したい人や、誰にもバレないで利用したい人は「WEB完結」での申込をオススメしますが、WEB完結は利用条件がカード申し込みよりも厳しいです。

申込条件を満たしていない人やATMで借入したい人は「カード申込」で申込をしましょう。

WEB完結の申込から借入までの流れ

まずは、WEB完結の申込方法から説明します。
カード申し込みをしたい人は、読み飛ばしてくださいね。

【WEB完結の手順】
1. 申込条件を確認

WEB完結に申し込むためには、次の条件を満たしていなければいけません。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行のいずれかの口座を持っていること
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)か、組合保険証を持っていること

銀行口座については、上記の銀行口座を持っていない人は申込できません。
健康保険証については、上記以外の健康保険(国民健康保険証、船員保険証)は認められません。

【WEB完結の手順】
2. SMBCモビットのサイトを開き、申込フォームを入力する

条件を満たしていることを確認できたら、SMBCモビットのサイトを開いて、「WEB完結申込」から入力を進めましょう。
申込が完了すると、すぐに簡易審査の結果が表示されます。
この後、本審査に入ります。

【WEB完結の手順】
3. 審査結果がメールで届き、契約手続きをする

審査の結果はメールで届きます。
メールのリンクをクリックして、契約の手続きを進めてください。

契約手続きが完了したら、手続きは全て完了です。
基本的には電話も郵送物も一切ないので安心ですね。

契約手続きが済んだら、会員ページにログインして振込で借入ができます。
ただし金融機関の営業時間外の場合は、口座に反映されるのが翌日になるので注意してくださいね。

「カード申込」の申込から借入までの流れ

WEB完結の申し込み条件に合わない人や、ATMでの借入をしたい人は「カード申込」から申込をします。
ただし、カード申込は在籍確認の電話と郵送物があります。

在籍確認とは、あなたが職場に所属していることを確認するための電話です。
SMBCモビットと名乗ることはなく、担当者の個人の名前でかかってくるので、会社の人にSMBCモビットの利用を特定されることはありません。

しかし、勘がいい人がいる場合は「カードローンかな?」と薄々感づかれる可能性もあります。

郵送物は、カードを受け取りした後に、契約書類が届きます。
封筒に「SMBCモビット」とは書かれていませんが、家族に知られたくない人は用心しておいてくださいね。

【カード申込の手順】
1. SMBCモビットのサイトの「カード申込」から申込をする

まずは、SMBCモビットのサイトを開き、カード申込から入力を進めていきます。
全ての項目の入力が終わったら、その場で簡易審査結果が出ます。
これはあくまで簡易審査の結果なので、その後本審査に入ります。

【カード申込の手順】
2. 審査が終わったらカード受け取り

審査が終わると、結果の連絡は電話かメールで入ります。無事通っていれば、次はカードの受け取りを行います。

近くの三井住友銀行のローン契約機まで行きましょう。

カードの受け取りができたら、ATMで借入が可能です。
三井住友銀行のATMを使えば手数料がかかりません。

【カード申込の手順】
3. 後日郵送で契約書類が送られてくる

借り入れはすでにできていますが、実はこの時点では契約手続きの全てが完了しているわけではありません。
後日郵送で契約書類が届きます。
必要事項を記入し返送をすることで、全ての手続きが完了です。

返済は口座振替だけではNG

月々の返済は口座振替にしておけば、返済忘れがなく便利です。
しかし、口座振替は最低限の金額しか引き落としされません。
ATMを利用して、追加で返済することも忘れずにしましょうね。

三井住友銀行のATMは手数料無料で返済ができます。
コンビニのATMでは手数料がかかってしまいますが、マルチメディア端末を使えば手数料はかかりません。
(ローソン、ミニストップのLoppiかファミリーマートのFamiポート)

モビットをオトクに使うコツは、とにかく早く返済をすることです。
毎月きちんと計画通り返済すれば、なかなか返済が終わらないなんてことはありません。
利息の計算はしっかりマスターしてから申し込みをしてくださいね。

>>SMBCモビットの詳細、お申込みはコチラ

借入限度額が少額の場合は年18.0%の実質年率が適用されると説明しましたが、これは1年間で18.0%の利息がつくという意味です。

10万円×18.0%=18,000円

10万円借入した場合の1年分の利息は18,000円であることがわかりますね。
しかしこの利息は年に1度、いっぺんに支払うわけではありません。
毎日日割りで加算されていくのです。

つまり、18,000円を365(うるう年の場合366)で割れば、1日当たりの利息が算出できます。

18,000円÷365=49.3円

借入している元金が10万円の場合、1日当たりの利息は49.3円かかるということがわかりますね。

10万円以下なら月々の返済額は4,000円

月々の返済額は、最後に利用した時点での残高に応じて変動します。

最終借入後残高返済額
10万円以下4,000円
10万円超20万円以下8,000円

返済額は現時点での残高ではなく、最後に利用した時点での残高で決まるという所がポイントです。

例えば、11万円借りた場合、返済額は8,000円になります。
返済が進み、10万円を下回ったとしても、追加で借入をしなければ4,000円に下がることはありません。

10万円を境に少しでも残高が超えると、返済額が倍になってしまうので注意してくださいね。

返済金額を多くして、返済期間と支払総額を少なくしよう

「毎月4,000円だけ返済してれば良いなら、無理なく返せるな」と感じている人もいますよね。
でも、最低限の金額を返し続けているだけでは、支払総額は大きくなってしまいますよ。
4,000円はあくまで、最低限の返済額です。

可能であれば毎月1,000円でも多く返済した方が、断然オトクに返済ができるんですよ。
次の表は、10万円の借入をした際の月々の返済額に応じた支払月数と総額を一覧にしたものです。

月々返済額支払月数支払総額
4,000円32ヶ月126,260円
5,000円24ヶ月119,772円
8,000円14ヶ月111,565円
10,000円11ヶ月109,158円
20,000円6ヶ月104,750円
30,000円4ヶ月103,408円

最低限の4,000円だけを毎月返済し続けた場合、完済までに32ヶ月(2年8ヶ月)もかかってしまいます。
支払総額も、元金よりも26%も多く支払わなくてはいけません。

しかし、毎月1,000円でも多く返済したらどうでしょう。
8ヶ月も早く完済でき、総額も7,000円安く済みます。

月々の返済額が増えれば増えるほど、最終的な返済額は少なくて済みます。
無理のない範囲で、多く返せる月はできるだけ多く返済するようにしましょう。

返済日は給料日直後に設定しよう

給料日直前に返済日を設定してしまうと、どうしても最低限の返済しかできないということになってしまいがちです。
このようなことを防ぐためには、給料日直後に返済日を設定するのが有効です。

SMBCモビットは、返済日を5日・15日・25日・末日のいずれかを設定することができます。

もし給料日が27日なら、末日に設定しておくことをオススメします。
給料がたくさん残っているうちに、さっさと返済を済ませてしまいましょう。

便利にオトクにSMBCモビットを使うための申込~借入~返済の流れ

 

便利にオトクにSMBCモビットを使うための申込~借入~返済の流れ

ここからは、実際にSMBCモビットへ申込をして、返済をするまでの一連の流れについて説明していきます。
申込の流れは、「WEB完結」「カード申込」かで異なります。

振込で借入したい人や、誰にもバレないで利用したい人は「WEB完結」での申込をオススメしますが、WEB完結は利用条件がカード申し込みよりも厳しいです。

申込条件を満たしていない人やATMで借入したい人は「カード申込」で申込をしましょう。

WEB完結の申込から借入までの流れ

まずは、WEB完結の申込方法から説明します。
カード申し込みをしたい人は、読み飛ばしてくださいね。

【WEB完結の手順】
1. 申込条件を確認

WEB完結に申し込むためには、次の条件を満たしていなければいけません。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行のいずれかの口座を持っていること
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)か、組合保険証を持っていること

銀行口座については、上記の銀行口座を持っていない人は申込できません。
健康保険証については、上記以外の健康保険(国民健康保険証、船員保険証)は認められません。

【WEB完結の手順】
2. SMBCモビットのサイトを開き、申込フォームを入力する

条件を満たしていることを確認できたら、SMBCモビットのサイトを開いて、「WEB完結申込」から入力を進めましょう。
申込が完了すると、すぐに簡易審査の結果が表示されます。
この後、本審査に入ります。

【WEB完結の手順】
3. 審査結果がメールで届き、契約手続きをする

審査の結果はメールで届きます。
メールのリンクをクリックして、契約の手続きを進めてください。

契約手続きが完了したら、手続きは全て完了です。
基本的には電話も郵送物も一切ないので安心ですね。

契約手続きが済んだら、会員ページにログインして振込で借入ができます。
ただし金融機関の営業時間外の場合は、口座に反映されるのが翌日になるので注意してくださいね。

「カード申込」の申込から借入までの流れ

WEB完結の申し込み条件に合わない人や、ATMでの借入をしたい人は「カード申込」から申込をします。
ただし、カード申込は在籍確認の電話と郵送物があります。

在籍確認とは、あなたが職場に所属していることを確認するための電話です。
SMBCモビットと名乗ることはなく、担当者の個人の名前でかかってくるので、会社の人にSMBCモビットの利用を特定されることはありません。

しかし、勘がいい人がいる場合は「カードローンかな?」と薄々感づかれる可能性もあります。

郵送物は、カードを受け取りした後に、契約書類が届きます。
封筒に「SMBCモビット」とは書かれていませんが、家族に知られたくない人は用心しておいてくださいね。

【カード申込の手順】
1. SMBCモビットのサイトの「カード申込」から申込をする

まずは、SMBCモビットのサイトを開き、カード申込から入力を進めていきます。
全ての項目の入力が終わったら、その場で簡易審査結果が出ます。
これはあくまで簡易審査の結果なので、その後本審査に入ります。

【カード申込の手順】
2. 審査が終わったらカード受け取り

審査が終わると、結果の連絡は電話かメールで入ります。無事通っていれば、次はカードの受け取りを行います。

近くの三井住友銀行のローン契約機まで行きましょう。

カードの受け取りができたら、ATMで借入が可能です。
三井住友銀行のATMを使えば手数料がかかりません。

【カード申込の手順】
3. 後日郵送で契約書類が送られてくる

借り入れはすでにできていますが、実はこの時点では契約手続きの全てが完了しているわけではありません。
後日郵送で契約書類が届きます。
必要事項を記入し返送をすることで、全ての手続きが完了です。

返済は口座振替だけではNG

月々の返済は口座振替にしておけば、返済忘れがなく便利です。
しかし、口座振替は最低限の金額しか引き落としされません。
ATMを利用して、追加で返済することも忘れずにしましょうね。

三井住友銀行のATMは手数料無料で返済ができます。
コンビニのATMでは手数料がかかってしまいますが、マルチメディア端末を使えば手数料はかかりません。
(ローソン、ミニストップのLoppiかファミリーマートのFamiポート)

モビットをオトクに使うコツは、とにかく早く返済をすることです。
毎月きちんと計画通り返済すれば、なかなか返済が終わらないなんてことはありません。
利息の計算はしっかりマスターしてから申し込みをしてくださいね。

>>SMBCモビットの詳細、お申込みはコチラ