借金したい金欠学生におすすめ!お金を借りるならカードローン

金欠学生におすすめ!お金を借りるならばカードローン

学生生活は何かとお金が必要です。アルバイトや派遣で働いても、「お金が足りない」と感じることもあるでしょう。お金を借りる方法を探してみるものの、「金融機関からお金を借りるなんて……」と不安に思っている人もいるかもしれません。

そこで本記事では、学生でも利用しやすいカードローンについて分かりやすく紹介します。カードローンならではのメリットや利用時の注意点などをまとめてチェックしていきましょう。

この記事を読めば、学生でも安心してお金を借りる方法が分かります。

目次

学生がカードローンでお金を借りる場合のメリット9つ

  1. 親に内緒でお金を借りられる
  2. 基本的に担保や連帯保証人がいらない
  3. 学生アルバイトでもお金を借りられる
  4. 無利息サービスがある
  5. 即日融資が受けられる
  6. 無理がない返済プランなので安心
  7. 借りたお金を自由に使える
  8. 借り入れの方法・返済方法が豊富
  9. 就職活動には影響がない

お金を借りたくても友人から借りるのは避けたほうが無難

お金を借りたくても友人から借りるのは避けたほうが無難

学生だと何でも相談できる友人が周りにいる人がいるかもしれませんが、お金を借りるのはおすすめしません。

たしかに、友人からお金を借りれば、家族にバレることがありませんし、金融機関を利用しなくて済みます。カードローンなどとは違って、返済を融通してくれる可能性もあるでしょう。

しかし、友人からお金を借りると今後の関係に悪影響を及ぼす可能性があります。「お金を貸して」という相談自体を友人が快く思わないケースも考えられますし、お金を貸してくれても返済中にトラブルになる場合もあるでしょう。

お金の問題で大切な友人を失ってしまうのは非常にもったいないことです。学生のうちは友人に頼りやすいかもしれませんが、リスクが高いので金融機関ときちんと契約をしてお金を借りた方が良いでしょう。

学生がお金を借りるならばカードローンがおすすめ

学生がお金を借りるならばカードローンがおすすめ

学生がお金を借りるなら、カードローンがおすすめです。

この記事を読んでいる人の中には、「学生だとお金を借りられないのではないか」と考える人がいるかもしれません。しかし、学生でもアルバイトや派遣などで安定した収入があればカードローンでお金を借りられます。

ここでは、お金を借りる方法としてカードローンをおすすめする理由を紹介します。

親に内緒でお金を借りられる

カードローンの申し込み方法や借り入れ方法などを工夫すれば、親に内緒で金融機関からお金を借りられます。

例えば、インターネットで申し込み手続きを進めれば親に内容を見られたり、聞かれたりすることはありません。この他にも、カードローンの利用が親にバレないようにするコツがありますが、後ほど詳しく説明します。

いずれにしても、カードローンなら親に金融機関からお金を借りていることを隠せる可能性が高いです。

基本的に担保や連帯保証人がいらない

カードローンは担保や連帯保証人なしで契約できるので、学生でも利用しやすくなっています。

ちなみに、担保とは何らかの理由で返済が難しくなった場合に、金融機関に対してお金の代わりに渡すものです。例えば、家や土地、株券などを担保として設定できます。

連帯保証人は、ローンの契約者が返済できなくなったときに代わりにお金を返済する人のことです。カードローンは担保も連帯保証人もいらないので、親や親族などに迷惑をかけずに自分でお金を借りたい学生にはおすすめの方法といえるでしょう。

学生アルバイトでもお金を借りられる

カードローンはお金を借りる学生本人に安定した収入があれば、アルバイトでも問題なく利用できます。学生であることが理由で審査に落とされることはありません。

ちなみに、安定した収入とは、毎月一定金額の収入を得ている状態を指します。親からもらったお小遣いで生活している人や不定期のバイトでお金を稼いでいる人は、カードローンの申し込み資格がないので注意してください。

無利息サービスがある

無利息サービスとは、その名の通り、所定の期間は利息が発生しないサービスのことです。すべてのカードローンに適用されるわけではありませんが、いくつかの消費者金融では無利息サービスに対応しています。

例えば、カードローンを契約した翌日から30日間の無利息サービスが適用される場合、この期間中に借りたお金をすべて返してしまえば利息を払う必要がありません。また、無利息期間中は利用限度額の範囲内で何度でもお金を借りられるのが一般的です。

できるだけ利息を抑えて経済的な負担を少なくしたいと考えている学生は、この無利息サービスを賢く活用することをおすすめします。

なお、無利息サービスが適用される所定の期間や条件は、利用する金融機関によって異なるので申し込む前によく比較・検討しましょう。

即日融資が受けられる

特に、消費者金融系のカードローンは、即日融資に対応している場合がほとんどなので急な入用にも対応できます。

例えば、家賃やクレジットカードの支払い日当日にお金がないことに気付いた場合でも、カードローンで即日融資を受ければ問題なくお金を払えるでしょう。

審査・融資時間は申し込む金融機関によって異なりますが、申し込んでから審査結果が出るまでに最短30分、契約手続きが終わるまでにさらに最短30分の計1時間でお金を借りられるケースも多いです。

ただし、あくまでも最短の時間なので、急いでお金を借りる必要がある場合はあらかじめ金融機関に相談することをおすすめします。事前に連絡することで、審査の順番を早めてくれる可能性があるためです。

無理がない返済プランなので安心

カードローンの返済方式は、借りたお金の残高に基づいて返済額が決まる残高スライド方式であることが多いです。

例えば、借り入れ残高が10万円である場合の毎月の返済額は1万円、残高が12万円の場合は返済額が1万5,000円になるといった仕組みになっています。

クレジットカード払いのように利用した金額を一度に請求されないので、無理なく返済しやすくなっているのがカードローンの特徴です。

借りたお金を自由に使える

カードローンで借りたお金は、好きなように使えます。

マイカーローンや教育ローンなどのように資金使途が限定されていないので、生活費やクレジットカードの支払い、友人との遊びなどに使っても問題ありません。

もちろん、契約時に金融機関にお金を借りる目的を伝えなくても、カードローンに申し込めます。利用中もわざわざ資金使途を伝える必要なくお金を借りられるので、その点で金融機関に気を遣う必要はありません。

借り入れの方法・返済方法が豊富

カードローンは、借り入れの方法・返済方法の種類が豊富なのもポイントです。主な方法としては、以下のようなものがあります。

  • インターネット
  • スマホATM取引
  • 電話
  • コンビニなどのATM
  • 店舗窓口
  • 口座振替

学生が何度も金融機関を訪れるのは、なんだか気が引けてしまいますよね。

しかし、金融機関の窓口に行かなくても、インターネットを使えば自宅に居ながら簡単にお金を借りられるのがカードローンの魅力です。

コンビニなどのATMに行けば、その場で現金が手に入るのでお金を借りるために時間や手間をかけなくても済みます。

就職活動には影響がない

企業が、「就活生が過去にカードローンを利用したことがあるかどうか」を調べることはできません。調べることができるのは金融機関のみですが、金融機関も本人の同意がなければ情報を調べることができないのです。

そのため、金融業界で働きたいと思っている学生でも、安心してカードローンでお金を借りることができます。

カードローンでお金を借りる際に注意すること

カードローンでお金を借りる際に注意すること

カードローンでお金を借りるときは、あらかじめ注意点を知っておくことが大切です。

この章でカードローンに関する注意点をチェックして、スムーズな申し込みのための準備を整えましょう。

申し込み対象年齢は20歳以上

カードローンを利用できるのは、20歳以上の成人に限られています。

未成年だと、いくら安定した収入があってもカードローンに申し込めないため注意が必要です。20歳の誕生日を迎えれば申し込み対象になるのでそれまで待ちましょう。

安定した収入がないと審査に通らない

安定した収入がないと審査担当者に判断された場合は、カードローンを利用できません。

毎月決まった額の給料をもらえるアルバイトで働いたり、働く日数・時間を増やしたりして収入を調整してみましょう。

申し込み金額によっては収入証明書類が必要

カードローンの借り入れ希望額が50万円を超えたり、他社の借り入れ残高と借り入れ希望額の合計が100万円を超えたりする場合は、申し込み時に収入証明書類を提出しなければいけません。

収入証明書類とは、源泉徴収票や給与明細書などのことです。借り入れ金額が高額でなくても、利用する金融機関によっては収入証明書類の提出を求められることがあります。

スムーズにお金を借りたい場合は、事前に金融機関へ収入証明書類が必要か確認しておくと安心です。

審査の一環で在籍確認が行われる

在籍確認とは、金融機関の審査担当者がカードローンの申込者の勤務先へ電話をかけて在籍を確認する作業です。どの金融機関でもカードローンの審査では必ず在籍確認が行われるルールになっています。

「アルバイト先にカードローンに申し込んだことがバレてしまう」と考える学生がいるかもしれませんが、在籍確認はプライバシーに最大限配慮した状態で行われるので心配いりません。

金融機関の名前を名乗らず、個人名(例:鈴木、田中)で電話を掛けてくれるので、在籍確認でカードローンの利用がバレる可能性は低いでしょう。

アルバイト先に電話がかかってくることが不自然で怪しまれそうなら、「クレジットカードを申込んだので、在籍確認の電話がくるかもしれない」と一言断っておきましょう。
クレジットカードの在籍確認も同様の方法で行われますので、バレることはないでしょう。

金融機関によっては、電話以外の方法で在籍確認をしてくれるところもあります。アルバイト先に電話がかかってくると困る場合は、あらかじめ金融機関に相談しておくことが大切です。

学生がカードローンでお金を借りる際に試しておきたいこととは

学生がカードローンでお金を借りる際に試しておきたいこととは

ここでは審査に通りやすくするコツと親にカードローンの利用をバレにくくするためのコツを具体的に説明するので、順番にチェックしていきましょう。

審査に通りやすくするコツ

カードローンを利用するためには、審査に通過する必要があります。

審査で落ちてしまうとカードローンでお金を借りられないので、できるだけ通りやすい状態で審査に臨むことが大切です。

アルバイト先が複数ならば一番勤続年数が長いところを書く

カードローンの申し込み書には勤務先(アルバイト先)の情報を書く欄があります。いくつかアルバイトを掛け持ちしている場合は、一番働いている年数が長いところを申し込み書に書きましょう。
なぜなら、同じアルバイト先で長く働いている人の方が安定した収入の継続が見込めるため、審査における信頼度が高くなるからです。

借り入れ希望額はできるだけ少額にする

カードローンを申し込むタイミングで借り入れ希望額を伝える必要がありますが、金額はできるだけ少なめにしておきましょう。なぜなら、収入が少ないのに借り入れ希望額が多いと、計画的にお金を使えない人だと判断されて審査に落ちる可能性があるからです。

ちなみに、お金の貸し借りに関する法律に総量規制(貸金業法)というルールがあります。この法律で、金融機関は申し込み者の年収に対して3分の1を超える融資ができないと決められているのです。
したがって、カードローンの借り入れ希望額はどれだけ多くても年収の3分の1までに抑える必要があります。

例えば、毎月のアルバイト代が3万円だと、年収は36万円です。この場合、借り入れ希望額は36万円÷3で12万円までに留めることになります。

親にバレにくくするためのコツ

カードローンでお金を借りる前に知っておきたい、親にバレにくくするためのコツを3つ紹介します。

親にバレたくなければWeb申し込みが確実

カードローンの申し込みがバレないようにするには、Web申し込みの利用がおすすめです。
カードローンの申し込み方法には電話や郵送、店頭窓口、自動契約機などがありますが、いずれも誰かに見られたり、話を聞かれたりする可能性があります。

しかし、Web申し込みならスマホからできるので、カードローンの申し込みが親にバレることはないでしょう。なお、家族と共有のパソコンからWeb申し込みをすると、履歴から見つかることがあるので気を付けてください。

カードの受け取り方法に注意する

カードローンを契約するとローン専用のカードが発行されるのが一般的ですが、受け取り方法に注意しましょう。
カードの主な受け取り方法は店舗もしくは自動契約機への来店か郵送の2つです。

来店するのが面倒な学生の中には郵送手続きを選ぶ人もいますが、郵送物を親に見られてカードローンの利用がバレることがあります。
親にバレたくない場合は、少々面倒ですがカードを直接受け取るようにしましょう。もしくは、元々カードが発行されないカードレスを選択しても良いかもしれません。

振込や口座振替は通帳に履歴が残るので注意する

振込や口座振替はATMや店舗などに行かずに借り入れ・返済できるのでとても便利ですが、いずれも通帳に取引履歴が残るので気を付けましょう。

金融機関の通帳を自分で管理していて、親に見られる可能性がないなら振込や口座振替を利用しても心配いりません。
少しでも親が通帳を目にする機会がある人は、別の借り入れ方法・返済方法の利用を検討することをおすすめします。

学生でお金を借りるなら大手金融機関がおすすめ

お金を借りる方法としてカードローンを考えている学生向けに、おすすめの金融機関を紹介します。

初めてカードローンを利用するなら、法律に則って運営していて違法な取り立てをしない大手金融機関がおすすめです。

金融機関ごとに強みがあるので、自分の希望や状況に合ったカードローンを探してみましょう。

プロミス

 

プロミス

プロミスは、最大適用金利が他の金融機関よりも少し低め(年17.8%)に設定されています。
金利が低いほど支払う利息額が少なくなるので、カードローンを選ぶときは利息をきちんと確認することが大切です。

また、プロミスは無利息期間が借り入れ日の翌日から30日間になっています。一般的な金融機関は契約日の翌日から無利息期間が開始しますが、プロミスは借り入れ日の翌日からなので契約後にすぐお金を借りない人におすすめです。

その他、親にカードローンの利用がバレづらいカードレス契約にも対応しています。スマホATM取引や振込融資も可能なので、プロミスのカードローンは学生でも便利に使えるといえるでしょう。

項目内容
融資額500万円まで
金利年4.5%~年17.8%
即日融資可能
無利息期間借り入れ日の翌日から30日間
カードレス可能
スマホATM取引可能
振込対応原則24時間可能

アイフル

 

アイフル

アイフルには、「1秒診断」というお金を借りられるかどうかネットで簡単に診断できるツールがあります。
初めてカードローンに申し込むため本当に自分がお金を借りられるか不安な学生は、ぜひアイフルの1秒診断を利用してみましょう。
年齢、雇用形態、年収、他社借り入れ金額の4項目を入力するだけでよいので、スマホで簡単に診断できます。

アイフルにはいくつかローン商品がありますが、学生には最低借り入れ金額が1万円のキャッシングローンがおすすめです。

金利は年3.0%~年18.0%と一般的ですが、カードレスやスマホATM取引などに対応しているので特に不自由なく利用できるでしょう。

項目内容
融資額1万円~800万円
金利年3.0%~年18.0%
即日融資可能(WEB申込なら最短25分)
無利息期間契約日の翌日から30日間
カードレス可能
スマホATM取引可能
振込対応原則24時間可能

アコム

 

アコム

多くの人に利用されている消費者金融なので、初めての人でも安心感を持ってカードローンを申し込めるのはアコムの特徴の1つでしょう。

金利は年3.0%~18.0%と一般的ですが、即日融資や無利息サービスに対応しています。

また、カードレスやスマホアプリでATM(セブン銀行ATMのみ)を利用できるのも、学生にとっては大きなメリットです。

振込融資も24時間対応なので、お金が必要なときにすぐ借りられます。なお、カードレスで借り入れはできますが、カードローンの利用には申し込み時にカードの発行が不可欠です。

項目内容
融資額1万円~800万円
金利年3.0%~年18.0%
即日融資可能
無利息期間契約日の翌日から30日間
カードレス可能
スマホATM取引可能
振込対応原則24時間可能

カードローン以外で学生がお金を借りるには?

カードローン以外で学生がお金を借りるには?学生がお金を借りるには、カードローン以外にもいくつか方法があります。

学費や進学のためのお金が必要なら、奨学金制度が使える

家庭の事情などで経済的に進学が難しい学生のために、学費を付与や貸与を行うのが奨学金制度です。
国や自治体、大学や企業などがそれぞれ独自に制度を設けており、希望者を募っています。

世帯年収や進学先の種類、また成績によっても金額は変わってきます。
多くは進学前に申し込みますが、一部在学中でも申し込み可能なものもあります。

貸与型の場合はお金を返す必要がありますが、その場合に利息が付くものと付かないものがあり、無利子タイプの奨学金は、選考の条件が有利子タイプに比べ厳しくなっています。

なお、貸与式の奨学金は連帯保証人と保証人が必要なので、親にバレずにお金を借りることは難しいです。

給付型の奨学金は、借りたお金を返さなくても良い制度です。
その分、受給資格は厳しくなっており、また採用人数も貸与型に比べてかなり少なくなっています。

18歳以上なら学生ローンが利用できる

カードローンは20歳以上しか利用することができませんが、大学生向けの学生ローンであれば、未成年でも借り入れができる会社があります。

カードローンと同様に利用者名義で契約を行いますが、未成年の場合は親権者の同意が必要なため、親にバレずに利用するのは難しいでしょう。

まとめ

カードローンは、学生であってもアルバイトで安定した収入があれば申し込めます。
ただし、借り入れには審査があるので、今回紹介した注意点や審査に通るコツをきちんと押さえることが大切です。

カードローンなら親にバレにくく、友人関係を壊すこともありません。金欠で困っている学生は、今回紹介した内容を参考にカードローンの利用を検討してみましょう。

よくある質問

よくある質問

カードローンでお金を借りても親にバレないようにできますか?

ネット上で完結する申し込み方法などを利用すれば、親にカードローンの利用がバレる可能性は少なくなります。

ただし、契約内容によっては金融機関からカードローンの利用明細が自宅に郵送されて、親にバレる可能性もあるので十分気を付けましょう。

郵送物が来ない契約を選んだり、カードレス取引にしたりすれば、カードローンの利用が親にバレることを防ぎやすくなります。

学生自身に安定した収入がないとカードローンは利用できませんか?

カードローンの利用者本人に、安定した収入がないと判断された場合は申し込んでも審査に落ちてしまいます。

家族に収入があり、返済能力があっても当該学生名義ではカードローンを契約できないので注意が必要です。

カードローンでお金を借りたいならば、アルバイトや派遣などで働いて給料をもらった状態で申し込みましょう。

借りたお金で遊んでも大丈夫ですか?

カードローンで借りるお金は、基本的に金融機関から用途の制限を受けません(事業性資金は制限されていることが多い)。したがって、借りたお金を遊びに使っても大丈夫です。

ただし、借り入れ金があまりに多くなると、返済に時間がかかってしまいます。カードローンの融資金の使途は自由ですが、借り入れは計画的に行いましょう。

カードローンの利用は就職活動に影響しませんか?

カードローンを使っていても、就職活動で不利になることはありません。

なぜなら、カードローンの利用情報は金融機関しか閲覧できず、金融機関も本人の同意なく情報を調べられないルールになっているからです。

証券会社や銀行、信用金庫、消費者金融などの金融業界で将来働きたいと考える学生も、お金を借りる方法で迷った場合はカードローンの利用を検討してみてください。