SECURITY ACTIONとは?

  • 2021年06月08日
  • 株式会社ザンワーズ

株式会社ザンワーズは、SECURITY ACTIONの普及賛同企業です。
本日は、この「SECURITY ACTION」についてご紹介いたします。

「SECURITY ACTION」は、立行政法人情報処理推進機構(IPA)と中小企業関係団体が2017年2月に発表した「中小企業における情報セキュリティの普及促進に関する共同宣言」の一環として創設されました。

中小企業が自ら情報セキュリティの対策に取り組むことを宣言する制度になっています。

現在、中小企業・小規模事業者を対象にしたIT導入補助金の申請において、SECURITY ACTIONを宣言することが必須要件となっています。

取組み段階に応じたロゴマークが提供されており、このマークを会社案内や自社サイト、名刺、封筒などに掲載することで情報セキュリティに関する対外的な信頼の向上になります。

取り組み目標は、下のような2段階が用意されています。

★一つ星

「情報セキュリティ5か条」に取組むことを宣言

情報セキュリティ5か条

  1. OSやソフトウェアは常に最新の状態にしよう!
  2. ウイルス対策ソフトを導入しよう!
  3. パスワードを強化しよう!
  4. 共有設定を見直そう!
  5. 脅威や攻撃の手口を知ろう!

★二つ星

中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン付録の「5分でできる!情報セキュリティ自社診断」で自社の状況を把握したうえで、情報セキュリティ基本方針を定め、外部に公開したことを宣言

取り組み目標を決め、「SECRITY ACTION」の公式サイトよりロゴ使用の申込を行うと、上記のロゴマークが使用可能になります。

仕事をするうえで、WEBの活用は欠かせないものになってきました。
正しく安全に使うために、情報セキュリティの見直しをしてはいかがでしょうか。